スタジオイリス25周年フラメンコ発表会は東京ガルロチで開催!

東京新宿にある老舗のタブラオ「ガルロチ」は、元「エルフラメンコ」という名前でした。ご存知の方も多いと思います。

スタジオイリスも、最初の発表会は「エルフラメンコ」で開催し、今回ここでの発表会は3回目です。

そして、イリス16回目の発表会となりました。

発表会開催頻度は?

 

2年毎、1年半毎と、その時の状況に合わせて、ホール、タブラオ(お食事しながらフラメンコを観れるお店)等、いろんな場所で開催してきました。

25年間で、世の中も、生徒数も変化してきたので、それに合わせてです。

発表会集客

ここは課題ですね。

チケット代で全ての経費を賄えるとベストです。

売れれば、参加費無しになります(^^)

そのためには、会場のキャパ数がないと成り立たず、集客できることが大前提になります。

発表会参加メンバー

今は、千葉県旭市でのクラスが、サンモールカルチャーセンターから独立して「さくらスタジオ」にて開講中です。こちらは23周年くらいになるでしょうか?今回は、旭クラスから1名参加します♬彼女は月1回錦糸町にも通っています。

カルチャーセンターが流行った時は、千葉県旭市、銚子、鎌ヶ谷、鎌取、成田、検見川、江東区のスポーツセンター等、にもクラスがありました。

★発表会は、基本全員参加だけど

基本的に、お教室の大イベントですから全員参加です。が、しかし…。私の時代は、強制的に参加でしたが(笑)

不参加者も、お手伝いとしてバックスタッフで応援してくださるので、それはそれで有り難いことです。

フラメンコを習っている以上は、人前で踊りたいと思わない人はいないと思います…⁇

リピートしてくれる発表会目指して

あの発表会は、面白いから行きたい、観たいという発表会を作り出すことを目指してきました。まだ道半ばでしょうか?

フラメンコに興味のない方々が、楽しめる発表会がベストです。

公演時間は2時間以内。

1曲を出来る限りコンパクトに。

曲の構成にテーマを付けて、ドラマティックに。

自己満足ではなく、お客様目線を意識して。

曲とテーマに合った衣装で印象付ける。

全体の構成は、同じような演目が重ならないように。

今の最善を尽くすことで、発表会毎に成長があります。

技量の上達だけではない成長と進化がもれなく付いてくる。たくさんの気付きがある。

チャレンジするのは、良いことづくめだと思います(^^)

発表会のフラメンコ衣装

衣装は目で楽しめるので、とっても大事です。センスと感性が問われます。

衣装問題は、この25年間、本当にいろいろありました💦

かなり昔の話しですが、明るいお祭り曲を踊るのに、な、なんと全身真っ黒なワンピースを購入してきてしまいまして…、絶句。

私「何故真っ黒を?」

Nさん「痩せて見えると思って」

そうなのか😅とはいえ、それを許すわけにはいきません。それに綿素材なので、持ち運んだ時に皺になるし、重いです。

で、購入先に電話して、何とかキャンセル出来ました(苦笑)

今だから笑い話になりますが、この他にも毎回事件多発でした。

対策として、

チキージャフラメンカさんから、スペイン衣装を何十着も購入して、イリスレンタル衣装を増やしてきました。

お陰様で、チキージャフラメンカさんに加わって頂くようになり、大きな事件はなくなりました。

特に初心者の方は、レンタル衣装で、即発表会に出ることが出来るようにしました。

センスは良いし、コーディネートの応用も効くし、バッチリです👌

勿論、ご自分の衣装を購入、注文作成もOKです。

衣装は、舞台衣装であり、普段の洋服選び感覚ではないので、そこが理解出来ていれば問題ありません。

実は、私は衣装に思い込みも執着もありません。もちろん好みはありますが、自分に似合うものは、他人の目の方が確かです。

私は長年チキージャさんに丸投げしてお任せしてきました(笑)正解です♬

総合リハーサル終了

リハーサル自体は、スムーズに、滞りなく終えられて安堵しています。

各自が、全体像を見れて、思うところや気付きがたくさんあったのではないでしょうか?

実際みんなの前で踊ったら、思うように踊れなかったということもあるでしょう。

本番で力を出し切れるための調整をしていきましょう。

★そのためには?

体調管理ー睡眠、食事

焦らないこと

自分を信じること

出来ると思えば、脳は出来るにシフトしていきます。

心配して失敗するかもと思うと、本当にそのようになってしまいます。

これは脳科学的に真実です。

根拠のない自信が大事です。

あと1週間です。

本番は、リラックス❣️

私達には成功の神様がついてます