フラメンコを踊り教えて

イリスを主宰し、教え始めて25年。延べ何人の方を教えて来たのか?と、問われて、???去年のスタジオ断捨離で、イリスにいらしてくださった方々で、現在いない方のデータは、全て処分してしまいました

旭クラスを熱く語る 19

昨日☆旭クラスのレッスンに行ってまいりました。テクニカクラスは出席がお一人(!)、入門・初級クラスは4名出席でした。みなさんお疲れ様でした!

♪♪♪♪♪

フラメンコは難しい

これは常に思っていますし、生徒さんを見ていると、どの段階の方にも必ず課題があるなぁと思います。

なんと言いますか…目の前の霧が晴れたらその先に鍵のかかったドアがあり、そのドアを(こじ)開けたらすぐ目の前に高い壁がそびえ立っていて、その壁をよじ登ったら大きな川が横たわっているみたいな。

昨日のテクニカクラスに出席のAさんは、10年以上踊り続けて「鼻歌を歌いながら動ける」であろう、セビジャーナスのパソ一つ一つを分解して、ご本人と確認し、何度もやり直しながら踊っていただきました。多分、ちょっとしつこくて嫌なレッスン。でも、お一人だからこそ向き合ってじっくりできるレッスン。こう言う機会は実はなかなかありません。軸・重心・体の使い方など、一つのパソの中にたくさん注意しなければをならないことがある、頭を使わないと踊れない、といつも生徒さん達には言い続けていますが、いつもよりも実感していただけたのでは?

入門・初級クラスの皆さんもよく踊れるようになってきています。それぞれの段階で取り組むことは違いますので、一足飛びに先には行けませんが人と比べず、諦めず、一緒に頑張っていきましょう。

来月も皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

♪♪♪♪♪

何年も前にタイで撮った写真ですけど、この時の私guapaですね(自分で言うし・笑)。

タイと言えば☆旦那様の転勤でタイに行かれたTさんが、ちょうど一時帰国と重なるので、お嬢さんと7月のエルセロに見に来て下さいます。とても嬉しかったので、張り切って一番前のテーブル予約しました!!頑張りますよーー

月例パリージョ(カスタネット)クラス✨

カスタネットってご存知ですか〜?

フラメンコ以外でも、オーケストラで使われたり、曲によって打楽器としても活躍しています。

両方の手の親指にはめて、右手は4指を使い、左手は中指、或いは中指と薬指を使って打ちます♬

種類もサイズも形も微妙に違うし、材質も違い、音色も様々です。自分の手のサイズに合った、好きな音を選ぶと良いですよ(^^)

すぐには右手の4指が思うように動かず、コロコロと打てるようにはなりませんが、良い音色が出ると嬉しくなります♬

指の筋肉が付いて、パソコンが早打ちになった生徒さんもいます(笑)予想外の展開で驚きましたけど(笑)

カスタネットは、手の指を動かすので、呆け防止とも言われています。踊りながら打つには練習が必要ですが、踊らなくてもいろんな打ち方があるので楽しめます❣️

スタジオイリスでは、毎月第四土曜日の11:00〜12:20 専任講師の和子先生にいらして頂き、開講しています✨

踊らない方でも十分楽しめるクラスです。

私も踊りながら打てますよ。しかし、スペインの舞踊団で、カスタネットを使って踊り、活躍されてきた経験のある和子先生にしっかりと習ってほしくて、お願いしました♬

 

フラメンコライブでのカスタネットを使って踊る「セビジャーナス」というお祭りの踊りです。手前が私です。